Apple pencilの使い道

IMG_0569.jpeg



最近iPad Airの4代目も出てきて、これはインターフェースがUSB-Cで魅力的だけれども、iPad7代目まだ一年しか使っていないし性能的な不満もないから、クリエーター専用と思っていたApple pencil(初代)を使い始めてみた。一番のモチベーションは最近のOSリリースでサポートされた手書き文字のテキスト化で、これが無かったら多分買わなかった。


<できること>

① 指タッチの代わり:画面汚れるから、ペンに慣れると指でペタペタ触りたくない、指接触ゼロにはできないが
② お絵かきと文書への書き込み:絵才無いので絵はかけないけど、アイディアスケッチぐらいなら指より便利
③ 手書き入力のテキスト化:OS(今年9月リリースのiPadOS 14以降)がネーティブでサポートするのは英語と中国語(人口比率優先)、日本語は有償ソフト対応だけれどOSネーティブでないので使いづらい、日本語サポートされるまでは多分一年ぐらいか、英数字だけでも相当モノになるけれども




iPadのPagesでテキスト化(Scribble)使ってみた、OSサポートなのでアプリに関係なく使える。例えばブラウザの検索語入力とか、今はまだ英数字限定ですが。ほぼ数字しか入れないnumbers(excel相当)では相当便利そうです。

“Yes, I have a number”は文字数を頭からカウントすると、3.1416でこれは円周率の最初の5桁、最後の桁は四捨五入、で英語圏で円周率を覚える為の語呂合わせらしい。


円形形状だから転がりそうだけど、充電コネクタ部(金属リング部分)が磁石になっていて、本体とうまい具合に引き合うからこうしておけば転がることもない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント