小学生でもA.Iは使える

IMG_0709.jpeg




Interfaceという雑誌がありますが、その中にScratch(教育用のブロック言語)で使えるA.Iと言うのがあって、中身を見るとTensorFlow(Googleの深層学習エンジンです)を使って、転移学習(大量データ用意しなくとも用意されている学習セットが使える)でそれほどの学習データセットがなくとも、実用にたりうる画像や音声の認識ができる機能をScratchから使えるようにした人(日本の人)がいて、小学生でもA.I的なものを試せると言う優れもの。

本格的に使うには物足りなさそうですが、雰囲気は十分に味わうことができます。これは、デモプロぐらいは作ってみたいテーマです。

例えば事前学習させれば、三毛猫、白黒ブチと茶トラぐらいは動画から識別できるだろうし、顔認識で個体識別あたりまでもなんとかなりそう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 24

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント