樋口中将






記事で始めた知った名前ですが、第二次対戦前にドイツがユダヤ人の迫害をおこなってたときに、ソ連を経由して満州へ入国希望したユダヤ人たちを人道的な立場から認めた軍人。

ユダヤ人にとってはソ連は安住の地ではなかったから、満州経由でアメリカに逃れるユダヤ人たちの入国と通過を認めたんだそうです。同時期には「命のビザ」の杉原千畝が有名ですが、樋口中将の名前は初見でした。


日本軍というと融通の利かない人たちの集まりのような感覚を持ちますが、もちろん中には樋口中将のような人物もいた訳です。自身のポーランド駐在武官の経験から、見過ごすことができないという一心での行動だったようです。もちろん陸軍の中では問題になったようですが、当時の上司にあたる東條英機がドイツからの抗議含めて黙認したことで、処分を受けることもなくその後対ソ戦に従軍。戦後ソ連からの戦犯としての引き渡し要求は、ユダヤ人たちの活動でマッカーサーが拒否したんだと。


いつの時代も人道に反した行為は起きている訳ですが、それに対してあるべき行動を取ることができたかどうかは歴史が証人となるんですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント