文官と武官

乱世では武官が偉くて、平時では文官が偉いというのは世の常です。日本でも戦国時代が安定期に入ると、それまで重用された戦争にたけた家臣よりも、日々に業務をそつなくこなす文官が重用されたのは良い例です。戦国末期の秀吉と勝家、あるいは石田三成とかはその例になるでしょうか。 しかし、文民統制というのは当然どのような時…

続きを読むread more

予約

月曜日の朝(4月26日)からweb予約可能になったので、開設の瞬間(公平を期して電話受付開始と同時刻だろうと思ったらその通り)にアクセスしてみたら予約できたので(最初5分ぐらいは挙動不審でしたが)手続き完了。 一度予約すると、次に同じwebページ開いても自分の予約情報しか見れないようになっているから、奥分は別の…

続きを読むread more

肉体に魂が宿るまで、

プロの音楽家は一日数時間練習を繰り返し、ピアニストであれば指に魂が宿るまで毎日練習を繰り返すと言われます。 最近、地元のオーケストラの定期演奏会(無料)を聴きに行きましたが、ゲストのクラリネット奏者(ほぼ定番のモーツアルトのクラリネット協奏曲)演奏が終わったところで、それ以上聞く気が失せて退場。 やは…

続きを読むread more

一人称の幸せを卒業すると、より大きな幸せになる

一人称の幸せとは、自分だけが良いということ。自分だけが良いということは結果として必ず誰かが犠牲になっているわけで、わかりやすい例で言えば宝くじなんかはそれに該当するんじゃないかと思いますが。 つまり一人称の幸せというのは、誰かを必ず犠牲にして成立しているわけで、総枠が決まっている利益分配だから成果主義という…

続きを読むread more

予診表

ARS-CoV-2ワクチン接種の予診表というのが自治体の通知に添付されてますが、これはクーポン含めて厚労省の作成書式。予診表にはクーポン貼り付けができるようになってますが、そもそもクーポンで個人に振られているIDは、厚労省の通知を見ると「・市町村において一意となる管理番号 」となっているから、IDで全国民の識別はでき…

続きを読むread more

子供のプログラミング学習用言語

昨日、電車で一時間ほどのDojoに行ってきましたが、そこで初めて目にするアプリや教材もありましたが、おそらくそれほど一般的ではないから、結局人々が使うようになるのはコミュニティが広いアプリや素材になるという自然な法則。 これは例えばLineが日本人の中で標準アプリ化(デファクト)しているのと同じことで、使う人口…

続きを読むread more

ダイバーシティが歴史を作る、

ヨーロッパ、中国、日本において古代国家、それぞれローマ帝国、後漢、平家(平安時代)に相当すると思いますが、が終焉して中世に入ったと言える特徴は中央政権の弱体化による権力の分裂成立になります。 そのきっかけは、それぞれゲルマン民族の侵入、北方系異民族の侵入、荘園経営者から形成された武士団(源氏政権もそのひとつ)の…

続きを読むread more

取材

2月ごろに、CoderDojoのニンジャ募集目的に、タウン誌に記事載せてもらえないかコンタクトして何度かメールやり取りしましたが、その後音沙汰なかったのでその話は終わりかと思ってました。 で、先週突然コンタクトあって、道場の記事と「人物図鑑」の記事の二つを載せたいからと取材のリクエスト。タダでできる広報だか…

続きを読むread more

SARS-CoV-2 vaccination

予約coupon他が郵送到着で製造元ファイザー、それしか今は認証されてないから。実際の接種日はもちろん入荷次第でしょうが。 まあリスクの一つには違いないけれども、人生のリスクってもちろんcovid-19だけじゃないし、接種管理の現場も最初は混乱するんだろうからしばし様子見。 インフルも過去いつ罹患したかが…

続きを読むread more

一人一党

世の中の個々人は全て違う考えを持っていて、それぞれが独自の考えや行動様式を持つのが自然の成り行き。同じ思想の人たち(多くは利害関係ですが)が集まると党派や団体を作りますが、組織だと組織の方向が個人の思いとは例え違っていても、組織の流れに逆らうよりは流れに任せる方が安逸だから、「みんなで渡れば」論理で個人の論理は捨ててしま…

続きを読むread more

音楽もプログラミングで作成

CoderDojoでSonic PIというシンセサイザーソフトを扱うところもあって、ダウンロードしてみた。 音楽に素養がないので作曲とか無縁ですが、素養のある人(クリエーター)が使えば、大人も楽しめそうなアプリです。 音楽の生成はプログラム言語で行い、Rubyという日本発のプログラム言語がありますがそれと類似…

続きを読むread more

薩英戦争

生麦事件で、自らはもはや問題解決能力が無かった徳川幕府が、イギリスとの交渉を薩摩に丸投げしたことで起こった戦争。当時世界一のイギリス海軍に対して、ホームグランドとはいえ善戦した薩摩藩という構図。 結果としてイギリスの見方は”やるな薩摩”ということでお互いの信頼が深まり、維新後日英の関係はロシアの南下政策という共…

続きを読むread more

コモンズの悲劇

Tragedy of the Commonsと英語では言うそうですが、例えば放牧ならば匿名資源(commons)である牧草地を使って自らの繁栄を望む結果、牧草地は荒れ果てて結果として全ての人に不利益な状況になってしまうということに由来するそうです。 Commonsがキモで、自らの資源であれば資源が枯渇しない…

続きを読むread more

正しい努力

以前の記事で書いた、人が持っている才能は三種類に大別できるという話、才能を能力にするのが努力だと思いますが、間違った努力(持っていない才能を能力にしようとする努力)は無駄だと思います。改めて、三種類の才能とは、 ・努力する才能 ・考える才能 ・人付き合いの才能 努力できることも才能の一つですが…

続きを読むread more

イタチ?

散歩中、自宅から2Kmぐらい離れた田んぼの側溝で何か茶色の小動物がカサカサとジャンプ。 全身が見えて、見かけはイタチでしょうか。写真はとても間に合わないから、現場写真だけ。 自宅近隣では初めて見たけど、普段は天敵(主として猛禽類)の目に触れないように物陰で暮らしているんだろうから、目につかないのも当然…

続きを読むread more

フランク・マルテラ

ちょうど2021上期の放送大学のテーマ(都市から見るヨーロッパ史)と重なるところがあるかも知れないと思ったので、目に留まりました。 フィンランドの哲学者だそうですが、中世から近世への人間の世界観の転換は三つあるんだそうです。 三つの転換とは、① 人間主義(ヒューマニズム)、② 個人主義、③ 努力で進歩でき…

続きを読むread more

樋口中将

記事で始めた知った名前ですが、第二次対戦前にドイツがユダヤ人の迫害をおこなってたときに、ソ連を経由して満州へ入国希望したユダヤ人たちを人道的な立場から認めた軍人。 ユダヤ人にとってはソ連は安住の地ではなかったから、満州経由でアメリカに逃れるユダヤ人たちの入国と通過を認めたんだそうです。同時期には「命のビザ」の杉…

続きを読むread more

ラジオ深夜便

午後11時過ぎから始まるラジオ放送。多分二十年以上前はよく聞いてましたが、最近はそれより早く寝てしまうから聞くこともないのですが。 今はネットで、期間限定ながらいつでも聴けるようになっている訳だけれども、真っ昼間に聴こうとも思わないから、やはり番組を聞くには聞く環境というものがあるものだと思う。

続きを読むread more

『努力は夢中に勝てない』

ネットの記事で見た勝又清和六段(棋士)の言葉です。 「知るものは好むものに如かず、好むものは愉しむものに如かず」という論語の言葉がありますが、タイトルの「努力」は「知る」と「好む」との比較で言うと「知る」に近いだろうし、「夢中」とは「愉しむ」に相当するだろうから及ぶべくもないと言うことになるでしょうか。 …

続きを読むread more

花粉対策はcovid-19と同じということか

今年から花粉シーズンの外出時に変えたこと。 1. 花粉対策メガネ 2. 布マスク 四月に入って、スギ花粉も終わりなのでどちらも止めましたが、振り返ると今年はものすごく花粉シーズンが楽。もちろん鼻水は出て、目も多少は痒くなりますが、例年と比べると段違いに楽です。 してみると、これからの花粉シーズ…

続きを読むread more

Today is the first day of the rest of your life

ふと目にした言葉。アメリカのチャールズ・デートリッヒ(麻薬中毒患者救済機関の設立者だそうです)の格言だということ。 確かに有限の生物の寿命からすると『今日というのは残りの人生の最初の一日』。 故にその日その日を一生懸命生きていく、別に一生懸命でなくてもそれはその人の選択ですが、ということを言っている言葉。…

続きを読むread more

仮想通貨は匿名性がなくなる

今の世の中では現金に色は付いてない、つまり誰が保有していてもそれを保有しているものが所有者、それゆえオレオレ詐欺とか振り込め詐欺などの犯罪も成り立つのですが。 仮想通貨になった瞬間、全てのお金の取引(トランザクション)は個人に紐付けされる訳だから、匿名性は失われます。故に中国など個人を管理したい国では先行し…

続きを読むread more

チラシ投函お断り

というメッセージを郵便受けに掲げている家がたまにありますが、チラシ配布する方からするとそれを見ただけで引いてしまうんだろうと思う。無視して入れてクレーム電話とかきたら、その方がコストがかさむだろうから。 例は違いますが、自宅のブラインドになっている植え込みに月に一回ぐらい、近くにコンビニがあるせいだと思うけ…

続きを読むread more

いつから水道の水を飲まなくなったんだろう

自宅には2Lの水ボトルがゴロゴロしてますが、自分は水道の水しか飲まないので災害時以外は不要ですが、世の中ではミネラルウォーターがよく売れているんでしょう。スーパーやドラッグストア見ればわかるように。 最近冷蔵庫買い替えて、ひと月ぐらい経って購入先の家電量販店を名乗るところから電話あって、冷蔵庫の調子どうです…

続きを読むread more

定員に到達

子供達向けのプログラミング道場、CoderDojo、の初回開催を来月予定していますが、広報手段として市の広報誌というのがあったので記事掲載申し込みだのが2月。 この時点では会場確保もできていなかった、会場申し込みはそれ以降、けれども日程は会場取れる前提で設定。 4月1日に募集をWeb上で開始しましたが…

続きを読むread more

0570

で始まるナビダイヤルの電話番号。大半のケースは電話をかけてくる相手が顧客で無い、あるいは顧客とは思っていないから自分たちで電話料金を負担しないで済むようにしてるんだと思いますが。 ほとんどのケースでは、そういう電話番号にはネットで済むならネットで済ませて電話をしないで済むようにしてますが、とりあえず困ること…

続きを読むread more

格差は社会の不安定要因

「21世紀の資本:トマ・ピケティ」については一年以上前にブログに書いていますが、covid-19で加速・顕在化している富めるものと、その日の食事にも事欠くような貧しいものとの格差は社会の不安定要因そのものです。 社会の構造が変わらない中ではジニ係数(貧富の格差指数)は増大する一方であるというのがピケティの歴…

続きを読むread more

花菜(かな)ガーデン

いつの間にか、ダウンもジャンバーも不要な季節になったので、近所の花壇にふらりと行ってみた。多分ここもcovid-19影響で、最近まで閉じていたんだろうと思うけれども、平日にも関わらず人出もそこそこ。花に限らず、野菜まで育てていて麦畑まであるのは県営らしい作りかも知れない。 桜は散り初め、チューリップがほぼ盛…

続きを読むread more

ビャクシン類

二十数年前に引っ越してきた時から気になっていた(初めて見たから)看板。 『ビャクシン類を植えないで』 なぜかと改めて検索してみると、梨の天敵の赤星病と言うのが梨とビャクシン類でしか胞子が寄生しないんだそうで、それゆえにビャクシン類は梨の産地では忌避されているようです。梨の木から半径1.5Km以上話して…

続きを読むread more

野菜の花はなぜ黄色

今頃の季節の景色はアブラナ科全盛で概ね黄色の花だし、一般的に野菜の花は黄色というのは何故なんだろうと思う。 おそらくは昆虫に一番見えやすい色だからかと思ったけれども、調べると、 ① そもそも昆虫は色の識別がおそらく動物(人間はおよそ一千種類の色識別ができるらしい)ほど厳密にはできないらしい、生きていく…

続きを読むread more