Stay hungry, stay foolish

ステーブ・ジョブスのスタンフォード卒業式での有名なスピーチの中に出てくる言葉。 「人生が今日で最後だと思ったら何をするか」を常に考えて生きよというメッセージの最後部分で繰り返されます。 ジョブスのこの精神でアップルは再生したと言えるのだから、15年経っても名言です。 行動原理に置き換えると、 ① …

続きを読むread more

Apple pencilの使い道

最近iPad Airの4代目も出てきて、これはインターフェースがUSB-Cで魅力的だけれども、iPad7代目まだ一年しか使っていないし性能的な不満もないから、クリエーター専用と思っていたApple pencil(初代)を使い始めてみた。一番のモチベーションは最近のOSリリースでサポートされた手書き文字のテキスト化で、これ…

続きを読むread more

文化の日を文明の日と言わないのは何故

文化と文明の違いを安岡正篤さんは、「文化とは民族の創造力」であり、「文明とはその施設外観をいう」と言っていますが、つまるところ文化はソフトウェア(人)であり、文明とはハードウェア(作品)というのがわかりやすいように思う。 したがって、文化勲章は作品を生み出した人に与えられ、作品に対しては別の表彰手段が用意されて…

続きを読むread more

菊は見るものか食べるものか

菊というとほとんどのケースでこの時期見るものというのが定番ですが、東北地方特に山形とか秋田では菊というと食べるもの(食用菊)というイメージです。 子供の頃はだいたいこういう淡白なものは嫌いが普通で、何故大人は花を美味いと言って食べるのか不思議でしたが、成人後に食べてみるとシャキシャキ感あって結構イケるものです。 …

続きを読むread more

花押

脱ハンコで、恐らく署名は従来よりはそれなりに意味あるものとなるだろうから、署名デザインなるサービスが存在するようです。 署名というと連想は花押ですが、伊達政宗は秀吉に密書の存在を問い詰められて、花押のここの部分が自分のものとは違いますと返答して言い逃れたシーンは多分30年以上前の大河ドラマの記憶、当時はネット無かったか…

続きを読むread more

新四段

これまでは藤井二冠が現役最年少棋士でしたが、この秋に伊藤匠四段が誕生して最年少入れ替わり。 スター発掘に特徴あるabemaは、多分藤井二冠のルーキー時の「炎の7番勝負」がヒット作、新ルーキーの初戦を中継(2020/10/31)、結果は残念ながら黒星。最後は見た目は差がついた局面。 以前の伊藤四段インタビュ…

続きを読むread more

彼岸花の滋養

去年までは彼岸花の葉っぱがいつ出てくるとか気にしてませんでしたが、花の後に葉っぱが出てくると言うのを知って、最近気になるようになりました。 一月前に花が密生したいたところは写真のように、葉っぱが元気な状態で来年のために根に栄養を運んでいます。他の草は枯れているので、我が世の秋状態で太陽の光は弱くなってますが、ある意…

続きを読むread more

微妙な看板

市長選の前から、私有地に掲げられている看板、選挙が終わっても増殖しているかもしれない。ちょっと見で10枚以上確認できます。 「何を」、「誰に」、「何故」とか一切書かれていないから、名誉毀損に当たらない範囲の微妙な看板かもしれない。私有地の所有者は恐らく農業関係者だろうから、それと関わりあるだろうとは想像できるけれど…

続きを読むread more

Numbersでの重複チェック

Macの表計算ソフトであるnumbers はexcelに比較して機能不足していますが、一番不便だと思うのは重複チェックができないこと。 ドイツ語の簡易単語帳にnumbers使っているので、重複チェックに文字列処理も強力なpython使ってチェックしてみた。 方法は、 ① csv形式でnumbersの単語部分…

続きを読むread more

必需品

ボランティアでも常備で要るよねと言うことになって、代行購買。 納期考えると、恐らく中国からの出荷かもしれないけれども、電池入れて(だいたいは電池添付されないのが最近の傾向)動作確認完了。 自分用と測定の差を見てみたけれども、0.1℃の差しかなかったから誤差範囲。これもニューノーマルと言うやつだろうけど、日本だけで…

続きを読むread more

お寺もクラウドファンディングか

散歩中に見慣れない看板発見、多分ここ数ヶ月以内に設置されてます。 看板のガイドに従って、およそ100m歩くと寺院の跡地を示す石碑。看板はこの廃墟となった寺院の再生を目指すものです。実はこのお寺(能満寺)、先月樹木葬の見学に行ったところで、住職が再建を引き受けているように見えます。 あの方なら、こう言う手段を使うだ…

続きを読むread more

地デジ放送の終焉は?

今の地デジの割り当て周波数では8K放送などには対応できないそうで、意味するところはいずれ地デジは過去のアナログ放送と同様に無くなるだろうと言うこと。テレビ受信機メーカーももはや地デジを放送の手段として重きを置いてなくて、主要なターゲットはnetflixなどのネット経由の動画配信なのだから。 そうなれば、国営放送が受…

続きを読むread more

LCD画面クリーナー

パソコンの画面汚れ、自然につく埃、あとキーボードカバー付けてると、蓋を閉じたときにどうしてもキーボードとの間のスペースが取れなくなるので、キーボードカバーの汚れが画面側に転写されやすくなります、これは油汚れと同じ。 クリーニング手段としては、アルコール類(溶剤)が多少含まれていないと落ちにくいから、普段使ってい…

続きを読むread more

そろそろ年の切り替わりです

「手帳の高橋No.133」がここ5年ぐらいの定番の手帳、iPadなどの電子的スケジュール管理よりは、最低限の紙の手帳の方がしっくりくる。 近所の本屋に出掛けて、本屋でも定番品なので、ほぼどこでも置いてます。売り場見ると日本能率協会手帳と、売れ筋は二分でしょうか。Amazonだとプライムでないと送料かかるので、汎…

続きを読むread more

新渡戸稲造の武士道

明治の日本人による英語で出版された代表的著作は、内村鑑三の代表的日本人と、新渡戸稲造の武士道だろうと思う。どちらも欧米人の日本人感を形成する役目を果たしているのだろうから。 代表的日本人については以前のブログ(3月)に書いてますが、最近ある会でプロジェクターに映ったスライドを見て、「これ新渡戸稲造の武士道からですよ…

続きを読むread more

方言(dialectとdialekt)

2年ぐらい前に、ドイツ人との会話の中でdialect(単語:意味は方言ですね)がパッと出てこない時に、そのドイツ人はdialectのことねと言ってて、ああそうだということがありましたが、ドイツ語(ゲルマン語家系列、北欧も含めて)話者からすると、極端に言えば母国語と英語の差は日本の方言ぐらいの差しかないんだろうなと思う。 …

続きを読むread more

立憲君主制における君主とはローマ法王のような存在であるべきか

タイの王制が危ういというのがニュースになってますが、なぜかというと現国王が俗世間に住んでしまっているからだろうと思う。ほぼ全ての時間をドイツで過ごして、身内に甘い対応をしているようでは、やはり国民から見てもはや尊敬の対象にはならないから、象徵でもなくなってきたからだろう。就任時からその懸念はあったのですが、その通りの方向…

続きを読むread more

資本主義と民主主義

資本主義は個人の自由と平等を自由で平等な社会の中で構築するためのシステムであり、経済が成長する事で両者が実現されるというのは、無意識の暗黙前提になっているはずです。つまり資本主義は、利益を積極的に評価した歴史上初めての経済システムです。例えば、徳川時代の「士農工商」とは、利潤を得ることを建前の上では蔑んでいたわけですから…

続きを読むread more

カンナと鑿(ノミ)の刃の作りの差

二年前に新幹線新神戸すぐそばにある、「竹中大工道具館」に行った時に貰ったしおり(写真)、多分入場券代わりだったかも、を今も使ってますが、そこでの気付き。 展示してあるカンナの刃と鑿の刃には大きな違いがあることに、改めて気づく。何処かというと、カンナは鋼が刃先部分だけなのに、鑿の場合にはサイドまで鋼が合わ…

続きを読むread more

ヤマヒルには酢が効くと

近所散歩してたら、話好き風のおじさんに呼び止められて、知り合いと間違えたと言ってたけど本当は話したかっただけかもしれない。 話が盆栽に及んで、盆栽の世界ではそれなりに名の知れた人らしくて、各所に招かれて盆栽の講師もやっているとか。専門誌に登場すると全国から会いに来るんだそうで、業界有名人かも知れない。全国で会員は三…

続きを読むread more