「催花雨」(さいかう)

天気予報のページに出てきた言葉、字面から見ると花を催促する雨ということになりますが、言葉の意味する通り、これから色んな花が咲き始めるのを催促するような恵をもたらす雨ということなのでしょう。ひらがなだけだと、大和言葉のような柔らかさがありますが。 古人はうまい言葉を考えて割り当てたものです。桜もあと二週間ぐらいで…

続きを読むread more

小学生でもA.Iは使える

Interfaceという雑誌がありますが、その中にScratch(教育用のブロック言語)で使えるA.Iと言うのがあって、中身を見るとTensorFlow(Googleの深層学習エンジンです)を使って、転移学習(大量データ用意しなくとも用意されている学習セットが使える)でそれほどの学習データセットがなくとも、実用にたり…

続きを読むread more

Webの数字と出版物の数字

どこかの記事で見ましたが、ブログなどでは数字の半角と全角は「気分で使い分け」(個人のこと)してますが、出版物には決まり事があるのだと。 つまり単独の数字は全角数字を使い、複数桁の数字には半角を使うと。 だから、 『2021年3月』や『2021年3月』ではなく、『2021年3月』とするのが正しい記法である…

続きを読むread more

テキストから合成音声

動画のナレーションで自分の声を使うのは時によっては必要ですが、基本はテキスト読み上げ機能を使った方が相対的に違和感の無い(声に自信のある人は別にすれば)動画になります。 ということで調べてみるとWindowsでもMac OSでもテキストからの音声読み上げ機能は標準で用意されていて、読み上げた音声もMac O…

続きを読むread more

打算のない関係

将棋で棋士になろうとすると必ず棋士ところに弟子入りしないといけないのですが、藤井二冠の師匠の杉本八段と藤井二冠の関係というのは、側から見ていても実の親子以上の関係に見えてします。 弟子と師匠という関係も今ではなかなかお目にかかれない構造ですが、芸事では普通のようなので、将棋も芸事に属するのでしょうか。技術そのも…

続きを読むread more

CoderDojoは社会教育の側面も持つ

日曜日に近所のCoderDojoにお手伝いに行きましたが、冒頭にチャンピオン(道場運営者)がCoderDojoって社会教育と言われるのが自分的には一番しっくり来るという発言がありました。 社会教育の対象は広くて、学校教育と家庭教育以外の「社会の教育」は全て社会教育に該当するのが今の社会教育の定義であるからして、…

続きを読むread more

芸術は生で共有されることが前提ですが、

というのが身も蓋もない結論になりますか。 2月23日のJAF主催の「~JAF会員のための音楽会~音楽日和オンライン配信」ですが、リモートのコンサート中継も、舞台裏とかを見ることができるのはメリットですが、やはりコンサートは生じゃないと迫力がないのです。 同時配信されている数字を見ても、後で見る人もいる…

続きを読むread more

ゼロリスク思考

羹に懲りて膾を吹く(あつものにこりてなますをふく)という諺がありますが、今の日本の社会をそのまま言い表している言葉じゃ無いかと思う。 社会のDX推進、ワクチン開発・・・などなど、いくつかの顕在化した事象を見ても、社会がゼロリスク思考になっていることは明確だろう。預金信仰も、同じ理屈で語ることができるんだろうけれ…

続きを読むread more

Post capitalism(資本主義のその先)

俗に資本は人、物、金と言われますが、ここ10年ぐらいは人の要素が最大の要素になってきていて、それは株価の上昇している企業(成長する企業)は経営者次第という現実がよく実態を表しています。 以前にも書いた記憶ありますが、過去の資本主義で重要であった、生産材や設備の重要性は現代でも必要であることは間違い無いけれど…

続きを読むread more

リモートワークに向く職種

という記事がありましたが、明らかにリモートワークは現業(例えば、日々のごみ収集とか生鮮食品の販売、警察消防とか)には向かないでしょう。 突き詰めれば、頭で使って価値を生み出すことが主たる仕事(知識労働者)に限定されることは間違いないと思う。 そういう観点からは、棋士も対局相手が周りにいる環境が好ましいから…

続きを読むread more

チャーチルの言葉だそうですが、

「悲観主義者はあらゆる機会の中に困難を見いだす。楽観主義者はあらゆる困難の中に機会を見いだす」というのがあるんだそうですが、コップの中にまだ半分水が残っていると捉えるのと、もう半分しかないと思うのも似たような例えかも知れない。 短いタイムスパン(今日のこと)では悲観と楽観の振れが大きい場合が多くて(一喜一憂)、…

続きを読むread more

おもちゃもサブスクか

もうすぐ4歳になる孫娘、月に一回ぐらいLineで食事風景中継してきますが、その時に身の回りのおもちゃを出してきます。 で、毎回新しいおもちゃが出てくるので、どこで買ったのか聞いたら、「トイサブ」なんだと。つまり、おもちゃのサブスクリプションですね。 検索すると、毎月3千円+消費税ぐらいで好みのおもちゃ…

続きを読むread more

企業の最大の特徴は赤字の機能

企業の目的はもちろん社会への貢献にあるわけですが、利益は貢献を継続するためのコストとも言われます。 しかし、最大の特徴は利益にあるのではなく赤字の機能にあるのでしょう。なぜなら「赤字」とはその組織(企業)が社会に存続する意味がないから退場しなさいというサインだから。 従って、環境変化に対応できない守りだけ…

続きを読むread more

探す

朝起きて、あれスマホどこだっけ? 思い出そうとしても無意識の動作というのは、思い出せないから「探す」機能で地図上で表示させてみると、どうやら前日夕方運転免許更新用の写真プリントしたコンビニらしい。 行ってみると、ちゃんと忘れ物として預かってもらっていました。おそらく、プリンターで印刷された写真を取り出す時…

続きを読むread more

Coup

クーデターってフランス語だったんだ。 Coup de Etat -> Coup d’Etat ミャンマーの軍政に反対している仏教徒のデモ隊の持っているカードにreject military coupと書いてあって、coupはクーデターの略と思ったけれども。 「国家(Etat)に対する打撃(Co…

続きを読むread more

追い込まれると建前は消えていく

ここ一年ぐらいアスリートファーストという言葉を聞かなくなったのは、実は誰も本気ではそうは思っていなかったからだろうと思います。それはあくまで建前であって、本音では無かったから。(昨日の橋本さんは久々に言ってました) タイタニック号の沈没の際に、専属楽団は沈みゆく船で最後の最後まで演奏を続けて楽団員は全員船と…

続きを読むread more

猶予狐疑

吉田松陰の言葉の中からの四文字熟語だそうですが、グズグズとなかなか判断しないで時間が経過するだけで、結果として機会を逃してしまうということ。 狐疑は文字が表す通り、狐の如く疑り深いということ。猶予は先送りですから二つを組み合わせると、できない理由をあげつらって石橋を叩いても渡らないということになるでしょうか…

続きを読むread more

クロマキー(chroma key)処理

昔から放送ではよく使っていますが、背景を消して他の画像と重ね合わせる手法で、背景の中で話すキャスターとかアナウンサーは緑色や青の背景色の前で話しているのですが、特定の色の背景色を透過処理することで他の画像との重ね合わせができるわけです。 で、ちょっとした動画作成用にクロマキー用の緑色の布シート、布じゃなくて…

続きを読むread more

地震の記憶

記憶に残る一番最初は新潟地震、これ1964年だから東京オリンピックの年。秋田在住でしたが、3.11の神奈川ぐらいのレベルで揺れた記憶、当時は小学生。 次が日本海中部地震で、調べると1983年だからもう40年近く前。すでに関東で暮らしていましたが、犠牲者が百人ぐらい(ほぼ津波)いて、釣った魚を捌いたら中から髪の毛…

続きを読むread more

自由とは責任である

「Freedomとは思うがままに振る舞うことではなく、個人が選択した責任である」とはドラッカーの言葉ですが、自由主義世界の前提とも言えることだろうと思う。 真の自由社会とは、個々人がそれぞれが設定した目標を実現・達成していくことで成立するわけだから。という観点からは、自由世界においては個は自立した個でなくてはいけな…

続きを読むread more