偽私放奢

安岡正篤さんの言ですが、政治の四患(四つの病)はこれに尽きるということになります。照らし合わせると、いつの時代でも、病気に罹っている政治家が如何に多いかが分かります。 偽:真偽を不明確にする嘘、いつわり 私:民への奉仕ではなく自己の利益が目的、昔は政界に出ることは私財を失うのが通例 放:放埒、無礼、…

続きを読むread more

Strive for perfection —- ”完璧を追求せよ”

イタリアの作曲家ベルディは、常に「次の作品が過去最高になる」と、80歳を過ぎても言っていたのだと。 元ジャパネットの社長の高田明さんの、「人と比べるんじゃなく、日々自分史上最高を目指せば良いんだ」と言う言葉と共通だと思いますが、常にそう言う精神で毎日を過ごすことができれば、少なくともマンネリや退屈とは無縁の人生にな…

続きを読むread more

大国を治むるは、

大国を治むるは小鮮を烹るが如し(たいこくをおさむるはしょうせんをにるがごとし) 春秋時代の老子の言葉と言われます。 ——————————————————————— 寛容を旨としてこまごまと細部に渡って干渉せぬこと。 細部に渡って干渉すると有為に過ぎて治まるものも治まらぬようになってしまう。 …

続きを読むread more

人賢愚ありと言えども、

吉田松陰の言葉ですが、 人賢愚ありといえども各々一二の才能なきはなし湊合して大成する時は必ず全備する所あらん (人には能力の違いはあるけれども、誰にも長所はあるものである。その長所を伸ばしていけば必ず立派な人になれるであろう 人がその人なりの価値と言えるのは、つまるところ、その人でないと出来ないことに行…

続きを読むread more

才能+努力+謙虚さ

大成する人物はこの三拍子揃っていると思いますが、今の藤井七段は正に当てはまるでしょう。どれか一つでも欠けると並の人になってしまいますが。 才能なければリソースの無駄遣いだし、努力を欠けば二十歳過ぎればタダの人で、謙虚さなければ奢れるものひさしからずだから。 十代後半の一番伸びる時期に強者達と戦える環境も活…

続きを読むread more

『七つの習慣』

割と有名な、コビーによる著書で、日々の生き方のガイドというべき内容。人生は習慣の織物というぐらいで、習慣が人生を決定するから、人生のコンパスと言うべきか。 ①〜③は自分自身の行動基準について ① 主体的であれ 主体的にやらないで受け身だと不平不満が出る ② 重要事項から片付けろ どうでもいいこと…

続きを読むread more

10分 vs 二週間

インターネット回線をフレッツから四月中旬にNuro光に変更して、契約条件はおよそ3年使えば工事費タダ、使い始めてからキャッシュバック(3.5万円)ということで、So-netからキャッシュバックの案内。WEBで口座番号記載して返したら、10分で振り込み完了のメール通知。 恐らく人手ではやってなくて、IT化しているから…

続きを読むread more

労働、仕事、活動

ハンナアーレントの著作『人間の条件』によると、人間の行動というのは以下の3つの要素からなるのだと。時間軸で見れば、①〜③の順番に存在時間が長いことになりますが。 ①労働 時間当たりいくらの報酬、アウトプットは消え去るのみ 例:オムレツを作ること ②仕事 後世に残る物を生み出すこと 例:タイプライタ…

続きを読むread more

Karabiner(カラビナ)

カラビナは日用品でもよく使われますが、元々は登山、それも岩登り用のザイルをワンタッチで接続するための道具です。綴からドイツ語だろうと思いましたがその通り。ただし、Karabinerだけだとカービン銃で、Karabinerhaken(hakenはフック)が日本語で言われるカラビナの意味。 なぜカラビナかというと、MacB…

続きを読むread more

The Merry widow

写真はwikipediaから。 ネットラジオ(Linn classical)で流れていたけれども、原題は何かなと思って調べてみた。 作曲はFRANZ LEHAR(フランツ・レーハー)で1905年の作品 - THE MERRY WIDOW WALTZが該当部分。ドイツ語の歌劇で全体は二時間超の長さ。画像のタイトル下…

続きを読むread more

leisureとlicenseの語源は同じ

一見、関連無さそうですが、実は語源は同じだそうで、licere(ラテン語で「許される」の不定形)がそれです。 leisureは「自由に使えることが許される」が原義だし、licenseは、これも「許されている」ということが原義でそのままです。 通常のラテン語変化は、能動現在型は一人称から三人称の単複が存在し…

続きを読むread more

Boys, be ambitious.

「少年よ大志を抱け」は、最近あまり聞かないようにも思いますが、明治時代に札幌農学校(今の北大)に雇われたクラークが去り際に残した言葉です。 イギリスから独立したアメリカはピューリタン的な思想が現在でも主流だと思いますが、そのクラークの影響を受けた(直接は接していないようですが)内村鑑三や新渡戸稲造が『代表的日本人』…

続きを読むread more

12兆円+の回収は、

全国民一律10万円支給を単純計算するとこの額。支出したものはどこかで埋め合わせするのは経理の鉄則。B/S上は負債になる訳だから、どこかで取り戻すことを、もちろん財務省は考えているはず。 一般会計の2019年度税収が60兆円割れの記事があったけど、平成29年度ではおよそ56兆円の税収。内訳では消費税の比率が大きくて、…

続きを読むread more

敦盛(あつもり )

”あつもり”と言ってもゲームじゃなくて平家滅亡の歴史のひとコマ。信長が好んだと言われる幸若舞の一節にある「人間五十年、下天のうちをくらぶれば夢幻の如くなり〜」、信長が出て来る時代劇では桶狭間の合戦の前に信長が舞うシーンが必ずと言って良いほど出てきますが、それです。 五十年は人間の人生の長さに例えて言ったものでは…

続きを読むread more

laissez faire(レッセ・フェール)

フランス語ですが、既に世界語になっているかもしれない言葉。スウェーデンの集団免疫獲得実験の記事でも使われていましたが。規制するのではなく、市場の「なすがままに任せろ」ですね。 この前提としては、「民は賢い選択をする」と言うことだろうと思います。意味するところは、サッチャーが進めた小さな政府と通じるところですが、…

続きを読むread more

三本の矢

毛利元就の有名な逸話ですが、一人では出来ないことも、人が集まれば成し遂げられるという正論です。 項羽が劉邦(漢の高祖)に敗れたのも、結局のところ信望の差、つまり集団の力を生かし切れなかった、なのだから。 三本の矢の逸話の中に出て来る息子の一人である吉川(キッカワ)元春の子孫は江戸時代の岩国藩の藩主。岩国にオペラ公…

続きを読むread more

『反対するなら代案を出せ』

とは、トヨタ社内の口癖の一つと言われますが、世の中では反対のための反対、できない理由付けに終始する無駄な会議、あるいは結論ありきの審議会とか数多あるのはご存知のとおり。 ネットでは無い、f-to-f(フェースツーフェース)の議論の最大の成果物は、新たなイノベーションの種を発掘する相乗効果にあると思うのですが。そうで無い…

続きを読むread more

The Difference Between Accountability and Responsibility

日本語だとaccountabilityというのは「説明責任」という、意味不明に訳されますが本来の意味は?そしてresponsibilityとの違いは? 日本語のサイトでは、未来責任がresponsibilityで、結果責任がaccountabilityという説明が多いのですがいまいちしっくり来ません。 以下の…

続きを読むread more

MacBookを2台持ちに(16インチモデル追加)

Macbook Airのキーボード不調(Dキーだけクリック感ロスト)、おそらくバタフライキーボードの埃問題でリコールの件、で藤沢のApple authorized repairerに6月初めに持ち込み修理依頼。持ち込んだ時に、販売もやっているらしくMacbook 16の展示機見たのが運の尽き。昨年秋に発表された時から気になる…

続きを読むread more

惻隠の情

孟子は性善説と言われますが、それを象徴するであろう言葉が「惻隠の情:そくいんのじょう」だと思う。 「惻隠の情」の例えの中で出て来るのですが、まだ見境の付かない小さな子供が井戸に向かって這って行って井戸に落ちそうになろうとしているのを助けるのは人間の本性では無いかと。 性善説とか性悪説とかのイチかゼロで人間…

続きを読むread more