シュプレヒコール





シュプレヒコールが何語由来かとか考えてみたことは無かったけれども、ドイツ語なんだね。Sprechchorの綴りなので、最後のrはアだろうからシュプレヒコーアが近い発音だろうけれども。sprech(en)は”話す”でchorは”合唱”だから、「みんなで一緒に話す」という意味で理解と通じると思う。

chorは英語だとchoir(コワイヤ)でラテン語からフランス語経由で英語になってます。もともと合唱は神に捧げる賛美歌が始まりだから、恐らくどこのヨーロッパ言語でもこのラテン語の言葉(chorus)をルーツとしているのは変わらないと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント