花押

脱ハンコで、恐らく署名は従来よりはそれなりに意味あるものとなるだろうから、署名デザインなるサービスが存在するようです。 署名というと連想は花押ですが、伊達政宗は秀吉に密書の存在を問い詰められて、花押のここの部分が自分のものとは違いますと返答して言い逃れたシーンは多分30年以上前の大河ドラマの記憶、当時はネット無かったか…

続きを読むread more