テーマ:ボランティア

定員に到達

子供達向けのプログラミング道場、CoderDojo、の初回開催を来月予定していますが、広報手段として市の広報誌というのがあったので記事掲載申し込みだのが2月。 この時点では会場確保もできていなかった、会場申し込みはそれ以降、けれども日程は会場取れる前提で設定。 4月1日に募集をWeb上で開始しましたが…

続きを読むread more

Unity

週末に他のCoderDojoに出かけて、そこで見たのがニンジャが取り組むUnity(ゲーム開発エンジン)。名前は知ってましたが、実際に取り組んでいるのを見たのは初めて。 で調べてみると、『すべてのクリエイター向け リアリティの障壁を打破する –⁠ Unity で新たなアイデアに命を吹き込む。』とあって個人で使う…

続きを読むread more

市民活動とは

Zoomで市民活動ミーティングを今週いっぱいやってますが、セッションの最初の方で市民活動って何?というようなテーマがありました。 もちろんそれは行政に一方的に要求することではなく、市民自らがそれぞれ微力ながらも他の役に立つことを実践することだろうと思うのですが。 安岡正篤さんの一日一言の中に、 …

続きを読むread more

小学生でもA.Iは使える

Interfaceという雑誌がありますが、その中にScratch(教育用のブロック言語)で使えるA.Iと言うのがあって、中身を見るとTensorFlow(Googleの深層学習エンジンです)を使って、転移学習(大量データ用意しなくとも用意されている学習セットが使える)でそれほどの学習データセットがなくとも、実用にたり…

続きを読むread more

テキストから合成音声

動画のナレーションで自分の声を使うのは時によっては必要ですが、基本はテキスト読み上げ機能を使った方が相対的に違和感の無い(声に自信のある人は別にすれば)動画になります。 ということで調べてみるとWindowsでもMac OSでもテキストからの音声読み上げ機能は標準で用意されていて、読み上げた音声もMac O…

続きを読むread more

CoderDojoは社会教育の側面も持つ

日曜日に近所のCoderDojoにお手伝いに行きましたが、冒頭にチャンピオン(道場運営者)がCoderDojoって社会教育と言われるのが自分的には一番しっくり来るという発言がありました。 社会教育の対象は広くて、学校教育と家庭教育以外の「社会の教育」は全て社会教育に該当するのが今の社会教育の定義であるからして、…

続きを読むread more

クロマキー(chroma key)処理

昔から放送ではよく使っていますが、背景を消して他の画像と重ね合わせる手法で、背景の中で話すキャスターとかアナウンサーは緑色や青の背景色の前で話しているのですが、特定の色の背景色を透過処理することで他の画像との重ね合わせができるわけです。 で、ちょっとした動画作成用にクロマキー用の緑色の布シート、布じゃなくて…

続きを読むread more

Day 0に向けて(その1)

オリンピックなどのイベントでも同じだと思いますが、開会式を起点として今現在何日前かの表現方法があります。 CoderDojoの初回(Day 0)を5月と考えていましたが、そろそろ100日を切りそうなので、具体的な日付を決めて準備に取り掛かります。 ① 公立小中学校の土曜日 教育委員会に聞いたら、原則来年…

続きを読むread more

ninja(ニンジャ)

CoderDojo続編で、移動時間一時間ぐらいの3箇所目の道場へのお手伝い。 道場は教室ではなくて学びの場なので、それぞれのニンジャのペースで学び続けるので、興味を持ったエリアでの上達は早いと思います。 Scratch(ブロック言語)から始めて、二年もするとJavaScriptやPython使っているので。 …

続きを読むread more

他の道場(CoderDojo)見学

ノーハウなどは、実地で学ぶしかないのでちょっと遠めですが、見学とメンター兼ねて出かけてきました。電車乗るの2ヶ月ぶりかな。布マスクは私警察に咎められそうなので、不織布マスク装備して往復。 道場は出かけるのは2箇所目ですが、やはり道場によって雰囲気は違いますが、子供達のやる気はどこも同じ。 始めて一年は勝手がわ…

続きを読むread more

名刺入れ

名刺入れは退職後に、もう使うこともないだろうと、義理の息子にあげてしまってましたが、これから必要になったのでネットで購入。まあ、値段は安かったけれども、見かけそれらしい感じのものです。 いくらSNSが名刺代わりとは言っても、リアルの世界ではやはりまだ必需品ではないかと思う。なかなかに今は、リアルの世界は避けるべ…

続きを読むread more

CoderDojo登録完了

緊急事態宣言前に、Dojo会場候補の使用のために団体届け、これは紙処理だから一週間ぐらいかかる。並行してほぼ同時にCoderDojoの新規登録申請、申請先は本部のアイルランド、してこれは一日半で完了したから、海外の方が日本国内の役所の手続きより遥かに迅速。IT化と組織(民と官)の違いなんだろうけど。 しばらくは…

続きを読むread more

CoderDojo

昨年一年は活動対象リサーチの時間でしたが、対象を決めて今年は地元でDojo(県で17箇所目ぐらい)立ち上げるつもり。場所などの確保も地域連携で目処が立ちそうだし。プロジェクターぐらいは購入しないといけなさそうだけど、最近の公共機関のプロジェクターは何処も使い物にならないぐらい劣化(暗い)してるから、他でも使えるから見合う…

続きを読むread more

AndroidスマホはUIバラバラ(多分今更ながら)

公民館のスマホ講習会(高齢者向け)のサポートに行ってきて、アンドロイドスマホってインターフェース(UI)がメーカ毎にみんなバラバラなんだなということを改めて実感。 操作がすぐにはイメージできなくて、要は記憶している理解と違うから、聞かれると結構な頻度でiPadで解決方法検索。 アイコンの形は無論のこと、それ以…

続きを読むread more

micro:bit

触ってみないことには、感触つかめないのでアマゾンでポチり。パソコンにつないで使い始めるのは簡単、何をやるかが一番大事だけれど、子供のような発想はないからありきたりのものしか思いつかないかも。 一台だけで動かすよりも、複数台を連携させて使うのがおもしろそうで、coderdojoでは小学生が車のリモコンにmicro:b…

続きを読むread more

CoderDojo

Coderdojoという子供たちのためのプログラミング道場がありますが、近所の道場を「メンター」としてのぞいてみました。 対象は中学生ぐらいまでですが、おそらくどこの道場も平均的には小学生が多いかもしれない。 講師がカリキュラムに沿って教えるというスタイルではなく、「忍者」と呼ばれる子供の参加者(父兄同伴必須)が…

続きを読むread more

必需品

ボランティアでも常備で要るよねと言うことになって、代行購買。 納期考えると、恐らく中国からの出荷かもしれないけれども、電池入れて(だいたいは電池添付されないのが最近の傾向)動作確認完了。 自分用と測定の差を見てみたけれども、0.1℃の差しかなかったから誤差範囲。これもニューノーマルと言うやつだろうけど、日本だけで…

続きを読むread more

世の現実

ボランティアで公民館で開催の高齢者(65歳以上)対象のスマホ講座というのに参加しましたが、参加した人たちの話しを聞いていて、 ① 自分の選択ではなく、ほぼショップの進めるままに購入 —> 故に割高料金 ② 自宅にwifi環境はない —> 従ってパソコンは持ってない ③ トラブルや操作のやり方を独…

続きを読むread more

独習Python

現在旬の言語ですね。機械学習や統計処理ではほぼデファクトになってます。なぜなら構文シンプルで、ライブラリ豊富(つまりやりたいことがすぐ出来る)だから。歴史はおよそ30年でほぼ熟成期の言語です。 ソースを見れば、意味はほぼ理解できるけれども、通しでやったほうが効率的だから、入門用の書籍を買って通しでやってみること…

続きを読むread more

多数の画像加工(サムネィル一括など)はコードを書くのが便利

それなりの数(多分10個ぐらいより上)の画像に対して、例えばサムネィルを作るのにGUIツール(画像編集ソフト)などを使うのはマウスクリックする回数多くて手際が良くないし、時間もかかります。 そういう時の出番はPythonだろうということで、ネット参照して簡単なスクリプト(コード)を作ってみた。実行はコンソールか…

続きを読むread more

MacBookで文書のパスワード保護

ボランティアで第三者の個人情報扱う必要あるので、電子ファイルはパスワード付きにしないといけないけれども、個別のnumbers(オフィスのExcel相当)などでは書き出しの時にパスワード設定できるのですが、zipファイルは以下のコマンドラインを使う必要があるようです。 % zip -er nazo.zip /U…

続きを読むread more

Scratch本

Amazonで中古本購入、別に新品である必要はなかったから、内容(2017年出版)はちょっと古いようだ。 どんなことをやっているのか、ひととおり知るにはこういう入門書的なものが入りやすいだろう。 プログラムとしてみれば、要素はどれも基本的で、他の言語でも必ず出てくるものだから。それらをコードの記述なしで、…

続きを読むread more

Scratchのゲーム感覚習得

ボランティアの科目に小学校(教師)向けのプログラミング講座というのがあって、多分ここまでは講座の予定時間内には到達しないけれども、Scratch(スクラッチ)もどきのブロックリーでプログラムの基本を学べるサイトがあります。 なぜScratchやブロックリーかというと、理由はもちろんプログラミングが小学校の課程の中に組み…

続きを読むread more

スマホで動画撮影のために、

ボランティアで動画撮影をしようと思っていて、必要な機材(それほど大袈裟ではない)を購入。カメラは今時はスマホでかなりの動画が撮れますが、音が肝ですね。スマホのマイクは当たり前ですが、電話の話者の音を拾うためにあるものだから、それ以外の音のピックアップは得意ではないはず。 ① 外部マイク 内蔵マイクって、そもそ…

続きを読むread more

老朽化

ボランティアの会合を公民館でもやりますが、そこのプロジェクターは予想度通りアナログインターフェースしかないから、HDMI-DSUB変換ケーブル購入。 この件に留まらず、そもそもWIFIも設備されていないから(今時公共施設でWIFIなしはありえないと思うけれども)、自分のスマホのテザリングかモバイルルーターでしかネットが…

続きを読むread more

The social sector(誰がコミュニテイを作るのか)

本来ならば、今年度始めから活動予定だったボランティアも、現今の情勢で延び延びになていて、来月末にようやく総会開催予定。 企業活動(commercial sector)と官業(public sector)がカバーできない領域を担うのがNPOやボランティアなどに代表されるsocial sectorの役割だと思いますが、企業…

続きを読むread more